スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ほめる』の勘違い|ほめて伸ばすこと

013057+(2)_convert_20120930150114.jpg
私は、こんな優しいお母さん。。。憧れちゃいます



子供は、『 ほめて伸ばす 』ってよく聞きますし、本でも見かけます。

『 ほめる 』って言っても。。。難しいと思ったことありませんか?

褒めるのは良いけど、すぐ天狗になる。。。と思ったり

なんでも褒めればいいわけでもないわよね。。。 と思ったり


気がつけば、子供が余計なことばかりして、イライラして怒っちゃう
私は、こっちのほうが多いです(^_^;)

親だから、大人だから、感情で怒らないなんてできません。。。

先日、そんな私に
『 イライラして怒ってもいいんだよ 』 と言ってくれた人がいました


”お母さん、機嫌悪いんだ”

子供も感情の勉強になるんだ と、気づきました。

ただ、、、ここが大切です。

感情をぶつけてしまったら、『 ごめんね 』と謝る

子供も真似をして、お友だちと喧嘩したときに『 ごめんね 』と謝れるようになるそうです


話がズレてしまいましたが、、、、

『 ほめる 』とは『 ほめ方 』が大切なんです。

例えば。。。
※ 運動会の徒競走で我が子は、いつもビリだったのに、2番になったとします。

子供が、
『 2番だったよ。 』と話ししてきました。

どのように褒めてあげますか?

『 すごいね~(*´∀`*) 』 と褒めますか?

『 頑張ったね! 』 と褒めますか?

それとも、上のように褒めたあと

『 もう少しで1番になれたね! 』と激励しますか?

このような『 ほめ方 』も、正解です。


でも。。 少し考えてみてください。


もし、自分が、このように褒められたとき。。。

素直に『 そうでしょ! すごいでしょ!』と褒められたことを受け入れますか?


日本人は、謙虚ですので

『 そんなことないよ(^_^;) 』と言ってしまうことが多いそうです。


なぜでしょうか?

なぜ?褒められたのに否定的になってしまいがちか、考えてみてください。

上記のほめ方には、主語がないんです。

相手に対して褒めた事になります。

これを、YOU(相手)メッセージ というそうです。

つまり、主語を入れて、ほめる事がすごく大切な事だということです。

『お母さん(お父さん)は、○○ちゃん(くん)が2番になってすごく嬉しかったよ 』

相手だけでなく、私は嬉しかった と伝えてあげる。

I(私)メッセージで褒めることは、YOU(相手)を認めることになります。

相手を認めることで、自己肯定感が育つそうです。

よく3歳まで、、とか言いますが、年齢は関係ないと思います。

私は、りりさんが不登校になったとき。。。

7歳で『 私って生きてる意味があるのか? 』と言われてショックを受けました。

でも泣いてばかりもいられません。。。


良くも悪くもこの時から(りりさん7歳、ゆっちゃん2歳)

私は、私の気持ちを伝え始めました。

お母さんは、りりさんが生まれて来てくれて嬉しかったよ

お母さんは、りりさんがそばにいてくれるだけで頑張れるんだよ

お母さんは、りりさんの笑顔が見られるだけで幸せなんだよ
            :
            :
            :
このような事を、毎日、何度も、言い続けました。

私の”親バカ万歳人生”の始まりです

どうぞ、試してみてください。

相手に対して、自分の気持ちを込めてメッセージを伝えたとき

否定することができない と分かります。

自分だけに向けられたメッセージは、否定しやすいはずです。(否定=謙虚)

◎相手の気持ちを伝えられたとき、照れくささはあっても素直に『 ありがとう 』と受け入れやすいと思います。


相手の思う、気持ちは否定しずらい、だから肯定するようになるんです。


我が家は、おかげさまで、今では、学校に行こうが行かないが関係なく子供達と笑顔で楽しく過ごせています♪

あっ。。 誤解しないで欲しいのは。。

学校に行かなくていいということではありません。

そこは親として葛藤はあります。

そして子供の中でも葛藤しています。

褒められること、認められること、いくつになっても、嬉しいこと。 早いも遅いもないんです

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

tag : ほめ方 勘違い

最新記事
カテゴリ
プロフィール

llkarenll

Author:llkarenll
可憐のroomにご訪問いただきありがとうございます♪

発達障害が悪いことじゃありません。

家庭でも工夫次第、考え方次第で、療育的子育てはできます。
ゆっくりでも楽しく成長していきます。

子供たちのアスペちゃんとLDと社会性適応障害の中で、たくさん学び、親として成長させてもらっています(*´∀`*)

天使のような姉妹が、私を選んで生まれてくれたことに感謝です♪

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。