スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親に言わないお年頃|りりさんさ思春期

昨日は、小学校で、文化祭でした

役員をしている私は、りりさんより先に学校にin

そこで、担任さんからお聞きした話

『 最近のりりさん、交流も率先して仲間に入ってます』

『 交換日記まで、お友達と始めたんです♪』

先生は嬉しそうに話してくれました


学校での出来事に、自分なりに対処できているのでしょう

私には、肝心な話からなにから、あまり話さないようになりました

隠しているのはなく、話す必要がない。と判断するのでしょう

立派に成長してくれています!

担任が
『 交換日記は、人の悪口を書かないように注意してあります』

『お母さんからも、注意しておいてください』

と、ご忠告してくださいました。


私、思うんです。

普段から、悪口は、自分の事を言っているようなものだから言わない、聞かない

そう教えてます。


それでも、悪口を悪口と思ってないりりさんは、きっと何も考えず書くこともあるでしょう

ですから、前もって注意する事は必要です。

もっと必要なのは、交換日記をする事を認めた時点で、予測できる限りの最悪な事を考えて、何があっても、全部、受け止める大人の心構えだと思ってます。


交換日記と言う、デリケートな事をどんな子と始めたのかもわからない私。
日記帳すら、買っていない私です。

担任から、話を聞いたので、私的、心構えは出来ました

だけど、りりさんに、注意をする事は、出来ません。

りりさんから、話を聞いてないのですから。

今まで通り、悪口は自分の事を言うようなものと言い続けるしか私にはありません。

なぜなら、先生から聞いた言えば、日記と言う秘め事が、無効になります

そして、今後、日記で何かあったとき、先生にも話をしなくなるでしょうから。

りりさん

良いことも、悪いことも、たくさん経験するでしょう

その経験が、大人になった時、行かせるようにフォローしていこうと思います。



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

最新記事
カテゴリ
プロフィール

llkarenll

Author:llkarenll
可憐のroomにご訪問いただきありがとうございます♪

発達障害が悪いことじゃありません。

家庭でも工夫次第、考え方次第で、療育的子育てはできます。
ゆっくりでも楽しく成長していきます。

子供たちのアスペちゃんとLDと社会性適応障害の中で、たくさん学び、親として成長させてもらっています(*´∀`*)

天使のような姉妹が、私を選んで生まれてくれたことに感謝です♪

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。