スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆上がりを出来るようになりたい

りりさんは、利き眼は左目で、利き手は左手、利き足は右足

ちょっとアンバランスで、平坦な道でも、よく転んでいます。

運動量のわりに、筋肉は弱く、運動は、あまり得意ではありません。。。

学校で、一番苦手とする”体育”ですが、最近やっと縄跳びが出来るようになって楽しさがわかってきたようです。

先日、公園で、鉄棒をして遊んだ時に、妹のゆっちゃんが逆上がりができてしまい、、、

ものすごく落ち込んだりりさん。。。

逆上がりが出来るようになりたい!と言い出しました。

学校で教わってくるのが一番だと思い、先生に教えてもらうように言いました。

ところが。。。。

りりさん
『 先生は忙しいから教えてくれない。 お友達に教わりなさいって言われた 』と言うんです。

では、お友達に教わってみたら?と言い直すと。。。

りりさん
『 こうやればいいんだよ。簡単だよってしか教えてくれなからわからない 』と泣き顔。。

私も、鉄棒は得意じゃないので、教えようがなく。。。

なぜに先生は教えてくれないのだろうか。。。 と悩んでいるりりさんです。

逆上がりができなくても、生きていけると思った私は、りりさんの気持ちを半分も理解していない事に思い知らされます(^_^;)


りりさん
『 逆上がりができなくても、生きていけるとは思うよ。。』

『 でもさ。。 私も逆上がりができたら楽しいでしょ。。 』



将来、生きて行くのに必要とか不必要ではないんですよね。。。

りりさんは、今小学4年生を生きてるわけだから、小学4年生として生きたいんです。

りりさんは、周りのお友達が、鉄棒で楽しく遊んでるのに、自分ができないから仲間に入れてもらえない。。。

これは、本人の立場になってみれば、非常に苦痛です。

本人がやりたい!出来るようになりたい!と思うなら、それに力を貸さずしてどうしましょうか。。

先生にも、相談しましたら、先生も反省してくださいました。

先生
『 授業の一環ではありますが、逆上がりができなくても問題ないと思ってしまいました。。。 』

『 りりさんは、私とあそびたくて言ってるだけだと思ってました。。。』

『 りりさんがそんな風に思っていたなんて考えもしませんでした 』


大人の方が、都合よく捉え、出来なくても良い事と、悪いこと。って勝手に捉えがちなのかもしれません


先生たちで、時間のあるときに、指導してくれると約束してくれたことを伝えると、りりさん、今日も張り切って学校に行けました。

自立に必要なスキルを身につけることは、とても大切です。

でも、その前に、『 今 』を楽しむ事は、もっと大切なんですね♪

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

最新記事
カテゴリ
プロフィール

llkarenll

Author:llkarenll
可憐のroomにご訪問いただきありがとうございます♪

発達障害が悪いことじゃありません。

家庭でも工夫次第、考え方次第で、療育的子育てはできます。
ゆっくりでも楽しく成長していきます。

子供たちのアスペちゃんとLDと社会性適応障害の中で、たくさん学び、親として成長させてもらっています(*´∀`*)

天使のような姉妹が、私を選んで生まれてくれたことに感謝です♪

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。