スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は小さな世界を作りたい|親の気持ち

りりさんが、不登校になり、ゆっちゃんが不登園になり・・・
私は、子供たちに最善を尽くそうと覚悟して、学校、保育園、役所、施設など
理解を求めて闘いました。

きっとわかってもらえる、、、そう信じてました。

お分かりになりますか?過去形な書き方。

私は、今まで、闘ってきて負けたつもりはありません。
しかし、闘うのはやめました。(*´∀`*)

誰にもいい思いはしないと気づいたので、やめました。


実際、私自身も、姉妹をわかってあげているようで、わかってない部分がたくさんあります。
そして、なにより、私は、姉妹にはなれないと気づいたんです。


姉妹にはなれませんが、姉妹と同じ気持ちになろうと思ってから。。。
姉妹が望む事が見えたきがしました。

世間に理解を求めて闘うよりも、姉妹が姉妹らしく生きる方を選びました。


姉妹が姉妹でいられる世界を、私が出来る範囲で作ろう
そのほうが、よほど、子供たちが喜んでくれます♪


周囲に言われます。

『 不登校児が2人で、大変ね。可哀想ね。 』

そんなことありませんよ。心が健全でいてくれてありがたいと思っています。

『 お母さんがしっかりしないから、行き渋るのよ 』

確かに頼りない母かもしれません。でも、姉妹は私を愛して信じてくれています。

『 自分の時間も作るためにも行けせたほうがいい 』

心配要りません。私が出かけても留守番するか学校に行くか自分で決めてます。

『 子供に決めさせるなんて無責任ですよ 』

親の判断が全て正しいとは限らないですよね?

『 何かあったらどうするの? 』

だから、学校に保育園に預けるわけですか?



もちろん、この先の心配なことだってあります。不安になることもあります。

そこに意識をフォーカスすることが、怖い気がします。

私は、親や学校に擦り込みされ、常識という固定概念を洗脳され
エゴの塊となり、自由な発想を阻止されてきました。


義務教育だから、行かせねばならない。

常識だから、まともな教育を受けさせねばならない。

みんなと同じでいなければならない。。。。etc

誰が決めたの?神様が決めたの? そう私は子供たちに聞かれたことがあります。

言葉を返すことができない私でした。

そして、結局、お母さんも、みんなと同じだよね と言われてしまいました。

この時、気づいたんですよ。。子供に信用されてない。ショックでした。

発達障害と診断されて、人の気持ちがわからな子どもと言われ

でも、どうでしょう?

これが私の子供たちの気持ちなんですよね

よほど、この子たちの方が、人の気持ちを見てると思いませんか?

そして、自分の特性をよく理解していて、私たちに疑問を持っている。

どうして?なんで?と常に考えている。

私は、こんなに、向上心が強く、自分に素直で、たくましいと思ったことはありません。

すでに、姉妹は、自分らしく覚悟を持っていて、成長しようといている

なにに、その成長を妨げているのは、私であり世間であると思います。


ですから、、私は、私の気持ちがブレないように、書き記します。

世間がどう思うとも、私は私であり、姉妹は姉妹の道を歩き続けるサポートをしよう。

私は、小さくても、狭くてもいい、自由な発想と素直な心が育つ世界を作ります。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

tag : 発達障害 親の理解

最新記事
カテゴリ
プロフィール

llkarenll

Author:llkarenll
可憐のroomにご訪問いただきありがとうございます♪

発達障害が悪いことじゃありません。

家庭でも工夫次第、考え方次第で、療育的子育てはできます。
ゆっくりでも楽しく成長していきます。

子供たちのアスペちゃんとLDと社会性適応障害の中で、たくさん学び、親として成長させてもらっています(*´∀`*)

天使のような姉妹が、私を選んで生まれてくれたことに感謝です♪

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。