スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己否定の克服の仕方|ゆっちゃんの迷言

アスペルガー症候群で、ADHDのゆっちゃんは

納得しないと行動しない。合理的で情に流されない。
場当たり的な変化を嫌う。自分のこだわりに忠実。


このような特徴があります。

また、自己認知の特徴では、

自分に有利かどうかだけを考え、他者の立場は考えない。
自分が悪い、間違っていることを理解できない。



その中でも、周囲が困ること
『 周囲を含めた状況に関して全く独自のこだわりに基づく理解をする。』
これでは、ないだろうか?

周囲が振り回されてしまったり。。。
本人が独自の理解をしてしまうことで怒られてしまう。。。

保育園に、行き渋る理由の一つにもなっています(^_^;)


怒られた理由がわかればいいのですが、
ゆっちゃんには、怒られても”なんで怒られたか?”
理解できません。


最初に書きました特徴
”自分のこだわりに忠実” で ”間違っていることを理解できない”
なので、なんど説明しても、本人は傷つき、自信をなくし、自己否定 となります。



自己否定を放っておくと、2次障害に繋がっていきます。

これは、長女で経験済みですので、何とかせねば!と考えます。


怒られた=自分はダメな人間 の方程式から

怒られた=自分は失敗をした=ダメな人間 に一度変えました。

文字にして表すと、ひどくなてるじゃないか!!と思えてきますが

噛み砕く一つの方法と思ってください(^_^;)

ここからが、重要です。

怒られた=失敗した と思うところで一度止めます

そして、

『 失敗するから成功するんだよ~(*´∀`*) 』

『 失敗って悪いことじゃないんだよ~(*´∀`*) 』

『 失敗は成功のもと って言うんだよ~(*´∀`*) 』

『 失敗をしない人は成長できないんだよ~(*´∀`*) 』

etc。。。。

さりげなく、笑顔で、まるで独り言のように語りかけます♪

そんな日が1ヶ月くらい経った頃でしょうか・・・・

家の中での出来事です。

牛乳を飲みながら、ふざけていて、こぼしてしまいました。。。

私は黙って、処理していました。。。

するとゆっちゃん
『 おかあさん 失敗は成功の味の素 だよね(*´∀`*) 』

と言い出して、思わず吹き出しちゃいました。ヾ(@^▽^@)ノわはは


どうでしょう?
今までなら、逆ギレしてしまって、パニックになり、自己否定して傷ついてなのが
こんなおバカのような方法でも、特徴を活かして、間違いを認める事ができるんですよ(*´∀`*)

そして、次は気を付けようと自然に思えるようになってます♪



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

tag : 自己否定 克服

最新記事
カテゴリ
プロフィール

llkarenll

Author:llkarenll
可憐のroomにご訪問いただきありがとうございます♪

発達障害が悪いことじゃありません。

家庭でも工夫次第、考え方次第で、療育的子育てはできます。
ゆっくりでも楽しく成長していきます。

子供たちのアスペちゃんとLDと社会性適応障害の中で、たくさん学び、親として成長させてもらっています(*´∀`*)

天使のような姉妹が、私を選んで生まれてくれたことに感謝です♪

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。