スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おねしょ(夜尿症)の原因とは?

保育園を行き渋るゆっちゃんですが、全く保育園に行かないわけではありません。

一週間に2日くらいは行ってくれます。

ですが、、、保育園に行くと決まってするのが

『 おねしょ 』です。


オムツ外しが成功しても、しばらくは、睡眠中にお漏らししてしまうことってありますよね

熟睡してしまって、尿意に気づかずにお漏らししてしまう。

これは、ごく普通に起こる現象だと思います。



おねしょをしなくなったのに、、

寝る前にちゃんとトイレにいったのに、、

ある日突然、おねしょが始まった。

これは、少し注意が必要に思います。


医学的には、6ヶ月から1年以上の間なくなっていた夜尿が、突然始まる場合は、ストレスが原因となることがあります。
とあります。

日中に起こる出来事が、本人にとって苦痛であったり、また、非常に興奮してしまった。
このようなことが、ストレスになり、おねしょに繋がる場合があります。


脳の中で、情緒や感情をコントロールしているところは、自律神経と深くかかわっているらしく
強いストレスがかかると自律神経の働きに不調が生じます。


これが夜尿の原因に繋がると言われています。


私も日中の疲れから、夜中におねしょで起こされると

つい、イライラしてしまいますが、トイレのことだけは、決して怒らない。

これが一番の早期解決方法だと思います。



お薬や、オムツを使用する場合も、もちろん良いと思います。

ですが、本人からすると、私のおねしょはみんなを困らせている。。。

そう思う子もいるのも事実です。

うちのゆっちゃんもそう思うタイプでした。

毎日、おねしょをしてしまっても、

『 大丈夫だよ 』
『 気持ち悪いね 』
『 取り替えて気分よくなろうね 』

そう声をかけ、安心出来るように心がけています。


おねしょも心のサインの一つです。

子どもの心が健全であることを常に願っています。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

tag : 夜尿症 ストレス

最新記事
カテゴリ
プロフィール

llkarenll

Author:llkarenll
可憐のroomにご訪問いただきありがとうございます♪

発達障害が悪いことじゃありません。

家庭でも工夫次第、考え方次第で、療育的子育てはできます。
ゆっくりでも楽しく成長していきます。

子供たちのアスペちゃんとLDと社会性適応障害の中で、たくさん学び、親として成長させてもらっています(*´∀`*)

天使のような姉妹が、私を選んで生まれてくれたことに感謝です♪

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。