スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二次障がいは防げますか?

りりさんは、突然、不登校になりました。

この時のりりさんは、2週間を寝ることをやめてしまいました。

そして、食事をすることもやめてしまいました。

お腹が空けば、食べるだろう、、、 と思うのは親のエゴだと教わりました。

眠くなったら寝るだろう、、、 と思うのも親のエゴだと教わりました。



毎日1時間かけてサイクリングして、遠くの公園で遊び、お弁当を広げても

食べない、夜も寝ない。。。


二次障害は、心身共に疲れ果ててしまった状態なんだと思います。


寝れないストレス、食べれないストレスを、周囲に当り散らす状態にもなるんだと思います。


心の問題は、本人も意志の弱さだとか、甘えだとか言う人もいるでしょうが。。。

私は、人間はそんなに強い生き物ではないと思っています。


発達障がいを持つ人は、尚更です。。

自分の気持ちと違うことでも、周囲には理解されず

どうして理解されないのかもわからず。。。

たったひとりで抱え込んでしまいます。

この状態が、3ヶ月。。6ヶ月。。1年。。。 と続いたらどうでしょう?


私なら、、、今こうして、ブログなど書いていないかも。。。と思います。


では、そうならないためにどうしたらいのか。


私がとった行動です。

・ なるべく早く、本人に、発達障がいのことを教えてあげる

・ どんな障がいで、その障がい が悪いことではないと伝えます。

・ もっと具体的に、苦手な部分 と 得な部分を、本や、おもちゃなどを使って
  実際にやらせてみて納得させます。


得意な部分は、存分に褒め称えました。
不得意な部分は、苦手だね。。大変だよね。。と寄り添って上げました。


・ 得意な部分を伸ばす、道具を探して、与えました。

塗り絵、画用紙、絵本、手芸グッツ、など


・ 不得意な部分は、一緒に解決できるように話し合いました。

漢字は覚えられないから、ひらがなでいいよ
とか
算数は電卓使っていいよ。など


・ 本人が、話したいことは、じっくり耳を傾けて聴き寄り添いました。



人は、ひとりでも、自分を理解してくれる人が出来ると、安心するものです。


理解する人が出来ると、自分は悪いものではないと、受け入れることが出来ます。

本人が障がいを受け入れられたら、そこからは、立ち直りも早くなります。

つまり、、 発達障がいを持つ人ほど、自分に素直で、心が綺麗なんです。

周囲の正確な理解とサポート、そしてご本人が自分の持っている障がいを受け入れること。

二次障害は、防げる。もしくは、ひどくならずに済むと 私は信じています。



引き籠もりが、悪い事ではありません。

引き籠ならけらば、危険と本能が察知するだけなんです。

不登校が、悪い事ではありません。

自分を見失う恐怖から、身を身を守る術なんです。

暴力をしてしまうのは、理解されない苦しさの現れなんです。

暴力をしてしまう自分は、最低だ。。。と自分をも傷つけているんです。


二次障害は、本人が、本当に苦しい事なんだ とご理解頂き、

どんな本人であろうと、私はあなたの味方です。 と向いあっていただけたら実感出来る

私はそう思っています



テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

tag : 二次障害 解決方法

最新記事
カテゴリ
プロフィール

llkarenll

Author:llkarenll
可憐のroomにご訪問いただきありがとうございます♪

発達障害が悪いことじゃありません。

家庭でも工夫次第、考え方次第で、療育的子育てはできます。
ゆっくりでも楽しく成長していきます。

子供たちのアスペちゃんとLDと社会性適応障害の中で、たくさん学び、親として成長させてもらっています(*´∀`*)

天使のような姉妹が、私を選んで生まれてくれたことに感謝です♪

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。