スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障害を理解したいですか?

008842 (2)


・高機能自閉症

・アスペルガー症候群

・広汎性発達障害

・学習障害(LD)

・注意欠陥多動性障害(ADHD)

・社会適応障害





私は、長女の不登校がきっかけで『 発達障害 』を知りました。

どこか、うちの子は変わっていると思ってました。

どこが変だったのか。。。


喜怒哀楽 が 激しすぎました


特に。。。 癇癪がひどかったです。

逆に、ハイテンションで、はしゃぎまくり、周囲に迷惑をかけました。

「ご飯だよ、お風呂だよ」の 呼びかけに、反応してくれませんでした

耳が聞こえないのでは?と心配することもありました。

保育園や学校で 集団行動が出来ないと指摘されたり

落ち着きがなく、集中力が続かなかい

逆に、おしゃべりが止まらない。。。

意思の疎通が難しいなどなど・・・


わがままじゃない? 躾けの問題かも?

私自身がそう悩んだり、周囲から指摘されたり・・・

でも、私なりに、頑張ってるつもりなんだけどな(/ _ ; )

そう、思い悩んで、周囲とのやり取りに辛い時期もありました


一般常識や当たり前といった、今まで培った常識を外して

世間を見たとき、子供たちが抱えている苦悩を 垣間見えた気がします。



長女(リリさん):現在小学4年生 

広汎性発達障害 注意欠陥多動性障害(ADHD)
学習障害(LD) そして 2次障害である社会適応障害

1年生(7歳)の時に診断されました。

高機能自閉症、アスペルガー症候群
次女(ゆっちゃん):現在保育園児

2歳の時、診断されました


りりさんの場合、WISCⅢという知能検査を受けました。
ゆっちゃんの場合は、田中ビネーという知能検査を受けました。

この検査は、年齢によって分けられます。
そして、生まれ持った、個人の得意な分野と不得意な分野が分かります。

誰にでも当てはまることとして、理解していただきたいのは
得意、不得意は変わらないということです。

現在は、専門の病院(小児精神、精神科医)で
月に1度、カウンセリングとプレイセラピーを受けてます


次女は療育園で月2回の療育を受けています。


長女も次女も学校、保育園に対して、
抵抗があり、行き渋りの毎日です。


家庭教育(保育)半分
学校(義務教育)保育園半分
行き渋りを繰り返しながらの日々を過ごしています。


学校も保育園も、もちろん大切です。

なぜ、大切なのか?

社会性を身につけるための教育機関だからです。



ですが、その教育機関に馴染めずにいます。
そして、教育専門の先生方から、なかなか理解されずにいます。



私の考え方は、教育機関も大切ですが、特性が強く、

無理に集団に慣らすよりも自ら、学校や保育園に行こうとする気持ちになるまで

家庭でもできる療育的子育て(教育)をしていきたいということです。


◎家庭でも工夫次第、考え方次第で療育的子育ても楽しくできると思っています。

楽しく子育て

楽しく療育

楽しく生活


私自身 ちょっと変わり者かもしれませんが

学校でも保育園でも家庭でも 考え方次第で
楽しく人生を歩いていけることを知っていただけたら喜びます(*´∀`*)

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

tag : 子ども 発達障害

最新記事
カテゴリ
プロフィール

llkarenll

Author:llkarenll
可憐のroomにご訪問いただきありがとうございます♪

発達障害が悪いことじゃありません。

家庭でも工夫次第、考え方次第で、療育的子育てはできます。
ゆっくりでも楽しく成長していきます。

子供たちのアスペちゃんとLDと社会性適応障害の中で、たくさん学び、親として成長させてもらっています(*´∀`*)

天使のような姉妹が、私を選んで生まれてくれたことに感謝です♪

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。