スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆっちゃんはゲームがお好き|DSの遊び方

ゲームにハマる子どもたち。。。

公園に行くとおなじみの光景が、ブランコに密集してる子供たちの手にはDSです。

うちで遊ぶと、親に小言を言われるからから、公園に集まてDS遊びなのかな?

その子供たちの真相は不明ですが、外でもゲームで遊ぶ子供たちをたくさん見るようになりました。

それと並行して、学校や、その他教育機関からは、ゲーム依存に気をつけましょうのお便りが増えました。


確かに、依存は良くないと思います。でも、、、ゲーム=依存ではないはずです。


ゆっちゃんは、パソコンもDSも大好きです。

先週末に、ゆっちゃんから提案がありました。

『 朝、早く起きて、保育園に行くまでの時間、ゲームをしてもいいですか? 』

私は『自由な時間ですから、好きにしていいですよ。』と返事しました。

『でも、時間になったら、保育園に行きますよ。いいですか?』の質問にゆっちゃんは快くOKをしました。


月曜から毎朝、ゆっちゃんは30分の”朝ゲーム時間”ができました。

30分でゲームはきっちりと止めて、保育園に行きます。


ゆっちゃんの様子を見ていてゲームには、一定のリズムのパターン化の動きなんだと気づきました。

どんなゲームもパターン化されているから、予測しやすいんです。

こうしたら、こうなる。あーしたら、あーなる。途中でやめても、同じところから再開できる。

この一定のリズムのパターンが、不安定な気持ちを落ち着かせています。

だからこそ、時間までゲームで気持ちを落ち着かせて、気持ちを切り替えて保育園に行けるのです。

ゆっちゃんの場合、ある意味ゲームより刺激が強い保育園。。。。

予測不可能な緊張が絶えず起こる集団生活の場なんです。
※ 保育園の良し悪しを問うてはいません※

予測不可能な例えとして

突然の雨が降ったら、お楽しみの外遊びも予測不可能。。。

保育園のお約束を守らないお友達の行動も予測不可能。。。

不定期のリズム、パターン化できない状況が、ゆっちゃんには、強い刺激となり強いストレスの原因でもあります。

そんなゆっちゃんが、予測不可能な出来事にパニックを起してしまうと、決まって言われるのが

”お母さん、ゲームをやらせるのはよくありません”

ストレスが溜まりすぎて、お休みが続くと、決まって言われるのが

”お休みしてる時もゲームをさせてませんか?”

まるで、ゆっちゃんの言動がゲームの影響と言わんばかりです。


確かに、ゲームをしたくて休んだり、イライラするほど依存してしまったら悪影響なのでしょう。


だからといって、なんでもゲームのせいにするのは、親の躾のせいにできなくなったからではないのか。。。


この世は、権力の下の社会生活に不適応な言動を、何かのせいにして、立場を保とうとする。

親のせいにしづらくなったら、ゲームのせい、ゲームのせいじゃないとわかったら。。。

一体なんのせいにするのだろうか?

そちらのほうが、依存性が高いのではないかと思っています。


ゲームに夢中になるのだって、ちゃんとした理由があるんです。

爪噛みやおねしょと同じで、闇雲に注意してやめさせようとするのは、逆効果だと思います。


ゲームに夢中になる様子を観察してみると、原因が見えてくることもあります。

その原因を軽くしてあげたら、依存するほどやらないものです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

tag : DSの遊び方 ゲーム依存

最新記事
カテゴリ
プロフィール

llkarenll

Author:llkarenll
可憐のroomにご訪問いただきありがとうございます♪

発達障害が悪いことじゃありません。

家庭でも工夫次第、考え方次第で、療育的子育てはできます。
ゆっくりでも楽しく成長していきます。

子供たちのアスペちゃんとLDと社会性適応障害の中で、たくさん学び、親として成長させてもらっています(*´∀`*)

天使のような姉妹が、私を選んで生まれてくれたことに感謝です♪

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。