スポンサードリンク

カテゴリ:正解ある?ない?/ 子育ての悩み の記事一覧

|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てに正解はあるの?ないの?

019009+(2)_convert_20120929130845.jpg

子供との接し方がうまくいかないと、、、悩んだりしませんか?

何がいけないのかしら?     

どこか、間違ってるのかしら?
      

私も前は、よく悩む母でした。

最近の私は、あまり考えないようにしています。 

子育てに正解はあるのか ないのか?


子育てに正解がないからこそ。。。子育てに間違いもない。

と言葉を入れ替えました。


人は人、私は私、他所は他所、わが家は我が家と思うようにしています。

子育てに悩んだ時に、誰に相談しますか?

ちょっと書き出してみてるといいと思います。

わたくし事ですが、、、私には、旦那さんもいないし、親もいません。

ですから、親友に相談します。話すだけでも、気持ちが落ち着いたり、自分と違う価値観に気がついたりします。

親友の存在は、とてもありがたいです。

しかし、結論が出ることはあまりありません。

ですから、また、同じ悩みを繰り返し話す

親友もいい迷惑かも知れませんね(^_^;)

ところで、相談する相手の中に。。。 『 お子さん 』の名前はあるでしょうか?

私は、親友に話をしたあと、必ず、子供たちにも、話を聴いてみます。

案外、親の悩みの答えは、子どもが持っているかもしれません。

そう気づかされます。


ここで。。。 聞くということについて書きます。

聞き方って3種類あるのはご存知ですか?

・訊く = 口頭で質問する時に用います。

新聞でよく使われてる文字ですね。
スポーツ選手などに、今後の抱負など伺う時などに使います。

・聞く = 耳で聞く時に用います。      

音楽を聞く 話を聞く 耳だけで聞く時などに使います

・聴く = 五感を使って、話を聴く。 
私は、子供の話を聴く時に『 聴く 』を心がてています 
  
  

字を分解してみるとよくわかります。
『 聴 』は、耳と手を目と心で出来ています。
五感と使うことが大切なんですよね(*´∀`*)


子育て で悩んだ時、、、 

意外と身近な子どもの中に答えがあるのものと実感しています。

聴き方として大切な事があります。

無理に聴こうとしないこと。

親が知りたいだけを聞きがちなので、子供が倦厭してきます

子供自身が話してくるのを待ってあげます。

話しだした時に、耳と手と目と心 を惜しみなく使って聴いてあげる
ここ、コツです。


これだけで、子供は、ちゃんと聴いてもらえてると判断して、本音を話してくれます。

しか~し。。。

子供って不思議と、案外、忙しい時に

『 ね~ ね~、、お母さん、、、 』 と来るんですよね( ´Д`)=3


私は、洗濯をしていても、料理をしていても、手が塞がっていて忙しい時でも

子供と向き合って、話を聴くようにしています。


実際、家事が、5分、10分あとになっても問題ないです。

と、深呼吸して、子供と向き合ってみませんか?
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

tag : 子どもと 向き合う

最新記事
カテゴリ
プロフィール

llkarenll

Author:llkarenll
可憐のroomにご訪問いただきありがとうございます♪

発達障害が悪いことじゃありません。

家庭でも工夫次第、考え方次第で、療育的子育てはできます。
ゆっくりでも楽しく成長していきます。

子供たちのアスペちゃんとLDと社会性適応障害の中で、たくさん学び、親として成長させてもらっています(*´∀`*)

天使のような姉妹が、私を選んで生まれてくれたことに感謝です♪

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。